名古屋のプロミスで早くに当日中に借りる方法と手順

名古屋のプロミスで早くに当日中に借りる方法と手順

MENU

名古屋のプロミスで早くに借りるには

プロミスは日本全国に店舗や契約機がある大手のキャッシングサービスで、当然ながら愛知県の名古屋市内にも多くの場所に契約機が設置されています。行政区ごとに分けられている名古屋市では、プロミスの契約機を探す際には区内で見るようにしないと数が多すぎて最寄の場所が分かりづらいほどです。

 

 

契約機の探し方や情報については後述するとして、まずは名古屋のプロミスで早くに借りるための方法と手順にして見ていきましょう。

 

まずはプロミスの申し込み

名古屋に限らず、プロミスのキャッシングを利用する際にはまずは申し込みをしなければなりません。申し込みをして審査を受け、契約を完了させるとお金が借りられるようになります。

 

プロミスでは申し込みの方法もいくつか用意がされていますが、名古屋のプロミスで早くに借りたい、手続きを素早く進めたいのであれば、申し込みはネットから行っておくべきです。もちろん名古屋のプロミス契約機でも申し込みは出来るのですが、申し込み後の審査は受けてみないと通るか分からないため、わざわざ名古屋市内の近くの契約機まで行ったのに、審査落ちとなってしまうといった状況も考えられるのです。

 

ネットでの申し込みなら審査落ちとなるとしても契約機まで行く手間や時間を無駄にはせず、審査結果の連絡がメールや電話で届くだけなので手軽です。無駄のない手続きで名古屋のプロミスを利用したいのであれば、まずはネットでの最短30分回答の審査申し込みが基本となります。

 

審査通過後に名古屋の契約機へ

ネットで申し込みをし、審査の結果がOKであれば、近くの名古屋のプロミス契約機まで行きましょう。行く前に必ず確認をしておきたいのが必要書類で、不備があると契約機まで行ってもその場で手続きが出来なくなってしまうので、しっかりと見ておくようにしてください。

 

大きな金額を借りない、他社での借り入れと合わせて100万円を超えないのであれば本人確認書類だけで問題がない場合も多いですが、念のため審査結果のメール等で確認をし、何度も確認するぐらいの慎重な用意をすることをすすめます。

 

必要書類を用意したら、近くの名古屋のプロミス契約機を探しましょう。地図情報も含めて掲載がされている名古屋のプロミスを見ておくと地域別に探せるので、大変便利です。行政区で探し、近い住所の契約機があれば周辺地図も見れるため、すぐに場所が分かります。

 

契約機の営業時間は土日でも夜までとするところが多く、遅い時間でもカード発行も可能となるのが名古屋のプロミスの良い点でもあります。ネットで審査を終わらせておけばその後の手続きも簡単に手軽に進むので、名古屋市内でプロミスのキャッシングを早くに利用したいのであれば、まずはネット審査、その後に名古屋の契約機利用と覚えておきましょう。

 

22時まで利用出来る自動契約機

カードの発行や借り入れを行う際、利用することとなるのが自動契約機です。プロミスでも結構多く配置していますが、営業時間は他社よりも長めに設定されています。21時くらいで閉めている会社もあるのですが、プロミスの場合は22時まで営業しており、困った時は夜遅くになっても利用することができます。

 

お金を借りるだけならコンビニのATMでも構いませんが、カードを発行したいと考えている方は利用しやすくなります。審査が夜の間に完了して、その場で発行に向かうことができます。22時までなので、事前に審査を終えていれば後から発行することも可能です。仕事をしている人には、この22時という時間はかなり利用しやすいです。

 

またカードの申し込みに対応している時間が長いために、即日融資を受けられる状況も容易となっています。21時までなら間に合わないと思っている方でも、22時までなら間に合う可能性があります。この部分をしっかり確認しておけば、他社よりもプロミスの方がカードを手にしやすいと考えられるのです。

 

審査の早さというのも優れている部分ですが、自動契約機の営業時間が長めに設定されているのも、即日融資には欠かせない部分となっています。

 

急ぎで借りたいときこそプロミス

プロミスは急ぎで借りたいときに頼れるキャッシングサービスで、銀行からの借り入れとなるオリックス銀行カードローンの適用利率と比べれば金額によっては高い金利となる可能性はありますが、やはり早さの面では大きなリードを保っていると言えます。

 

どうしても今日中にお金が必要、急ぎで借りないと間に合わないと考える方は、最短即日融資も可能となるプロミスのキャッシングを名古屋市内で利用し、緊急の要りようにも対応が出来るようにしておくと良いでしょう。